食生活の改善と運動で血栓予防

検診の診断結果に引っかかってしまった

/ 血栓予防の食べ物とは?

私が血栓予防の対策を行おうと思ったきっかけは、生活習慣病予防検診の診断結果の悪さからでした。
悪玉コレステロールや中性脂肪の数値と血圧が高めだったので、対策の必要性を強く感じるようになりました。
10代や20代の頃は血液検査における数値は全て正常値でしたし、血圧も全く問題ありませんでした。

しかし、30代半ば頃から徐々に悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高くなり始めて血圧も高いことが多くなったので、急に健康に対する不安や焦りを感じるようになりました。
悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血圧が高いと動脈硬化を引き起こして血管内に血栓が出来て血液の流れを悪くし、それが脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を招く危険もある重大な疾患につながってしまうということを理解していたので、早めに対策を行って血栓予防をすることが大切だなと思うようになりました。

検診の診断結果に引っかかってしまった | 食事も運動もバランスが大事 | 健康に対する意識が上がった!